アバルト 595のフロントにスタンダードモデルを取り付けいたしました!

こちらのオーナー様は、おクルマをご購入してから、しばらく純正スピーカーの状態でお乗りになっておられましたが、純正スピーカーから聴こえてくる音が苦しそうに聴こえて、気持ちよく聴けないと仰っていました。

ソニックデザインのスピーカーを以前から気になっていたとのことで、いろいろ調べてくださった結果、秋田でもソニックデザインのスピーカーを取り付けることができる当店を見つけてくださいました。

事前にご来店もしてくださり、デモカーのカローラ ツーリングの音や、代車で使用していますワゴンRの音をご視聴していただきました。アバルトに専用設計の設定はごさいませんが、スピーカーホールをほんの少しカットすることで、ソニックデザインのスピーカーを取り付けることができるようになります。純正スピーカーに戻す際に、支障のない程度のカットですので、ご安心くださいませ。

トゥイーターの交換から作業を進めてまいります。左が純正トゥイーター、右がソニックデザインのトゥイーターです。

アバルトは、ピラーにトゥイーターが装着さらています。こちらは、純正トゥイーターが装着された状態の写真です。

純正のトゥイーターと同じサイズでしたので、ソニックデザインのトゥイーターを、純正のピラーに無加工で装着することができました。

続いてウーファーモジュールを交換してまいります。

左が純正スピーカー。右がソニックデザインのスピーカーです。

ソニックデザインのスピーカーは、表側にウーファーコーンとポートが設計されていますので、車両に装着されているスピーカーの概念を覆す設計になっています。

こちらは、スピーカーの裏側です。左が純正スピーカー。右がソニックデザインのスピーカーです。

純正スピーカーの裏側は、空いてしまっている状態ですので、スピーカーからしっかりとした音を出すことができず車両の外側に音が出てしまいます。オーナー様が、音が苦しそうと仰っていたのは、スピーカーからしっかりとした音が出ておらず、外に音が漏れていたのが原因かもしれません。

ソニックデザインのスピーカーは、裏側がエンクロージュア(箱)で覆われていますので、音が車両の外に漏れず、スピーカーからしっかりと上質な音を出すことできます。

こちらは純正のスピーカーですが、雨や洗車をした際は、このように裏側が水で濡れてしまいます。

こちらはソニックデザインのスピーカーですが、エンクロージュアで覆われていますので、防水性も優れていて長く上質な音を楽しめる設計と言えます。

ソニックデザインのウーファーモジュールに交換いたしました。見た目に重厚感があり、上質な音が楽しめるのが想像できます。

全ての交換作業が完了いたしました。純正の上質な見た目も変わらず、音だけが上質になりました。

おクルマをお引き取りに来られたオーナー様。「こんなに変わるんだね!もっと早く付ければ良かった!」と仰ってくださいました。喜んでいただけたようで何よりでございます。

純正のヘッドユニットでしたので、音質調整に限りがありましたが、ソニックデザインのスピーカー自体のポテンシャルが高く、音質調整に頼ることなく上質な音を楽しませてくれます。音漏れによるストレスもなく毎日が上質となります。

これからは、上質な音と共に素敵な毎日をお送りくださいませ!