トヨタ ヴォクシーに前後スタンダードモデルをお取り付けさせていただきました。

スタンダードモデルは、初期エージングサービスをお申込いただきますと、30時間以上のエージング済みで、最初からお好きな音量でお楽しみいただけます。

「車外への音漏れが気になる」というオーナー様、取り付け後は車外への音漏れの少なさに、ご満足してくださいました。スピーカーが箱(エンクロージュア)に入っているソニックプラスは、車体を全く改造することなく、シンプルにスピーカー交換だけで、車外への音漏れが激減します。高音質が着目されがちなソニックプラスですが、「音漏れ対策」にも大変有効です。主目的が音漏れ対策なので、今回はコストパフォーマンスに優れたトゥイーター無しモデルをご選択いただきましたが、最良のご選択だと思います。

今後も音質調整など、お気軽にご来店くださいませ!この度は、ソニックプラスをお選びいただきまして、誠にありがとうございました!

【取り付け製品はこちら】
フロント・リア SP-N81E
https://akita.sonicpluscenter.com/item/toyota/sonicplus-n80/sp-n81e/

フロントスピーカー。純正状態です。スピーカー背面から出た音が、防水のため、ビニールで覆われているだけの穴から車室内側に戻ってきてしまいます。

純正スピーカーを取り外すと、このように穴がぽっかりと

右が純正スピーカー。左がソニックプラスです。写真ではわかりにくいですが、振動板の材質も、ペラペラの紙のような純正に対して、ソニックプラスは硬い素材(スタンダードモデルはディファインド・マイクロファイバー)でできています。振動板がしっかりとした剛性を持っていることにより、雑味の無い正確な音を出すことができます。

右側が純正スピーカーです。純正は裏側が開放されていて、裏側にも再生音が同じ大きさで出てしまいます。それが音漏れの原因になります。ソニックプラスはエンクロージュアで裏側が密閉されていますので、車体を改造することなく、音漏れを激減させることができるんです。

ソニックプラス取り付け完了です。

音漏れを減らすには、リアスピーカーの交換も必要です。純正状態です。

右側が純正スピーカーです。リヤは天井にトゥイーターがあり、ドアスピーカーはウーファーとして使われているので、フロントと振動板の素材が違います。

純正スピーカーにはネットワークが付いています。

ソニックプラス取り付け完了です。前後ともエンクロージュアに入ったソニックプラスに交換していただくことで、車外への音漏れが激減します。周りに気を使うことなく、快適なドライブをお楽しみくださいませ!